ご訪問ありがとうございます。

妊勝!心と体を育む専門保健師

齊藤サツキです。

 

皆さんは「うちのパートナーとは話にならない」と思うこと、ありませんか?

うちは、今でもしょっちゅう(笑)

dfcf4300f5375c6dee7a8aca3fc7a338_s

 

なんでこうなるのか、どうしたら少しでもこの状況が打開されるのか、私なりに考えてみました。

「不満ができるのはそこにギャップがあるからだ!」

という考えのもとに調べたりしたところ、男女間のコミュニケーションというものに対する意識の違いに行き当たりました。

 

女性は共感して欲しい、互いの理解が深まれば結論が一致しなくてもO.K

男性は結果を求め、短時間で終わらせたい  ものと考えるとスッキリ。

女性はもちろん、男性の方にも女性に共感する姿勢を持って「こういうもかな」と相槌を打つ、妻に共感する、妻を労う言葉をかける努力ができたら、けんかも減るかもしれませんよね。

表:2010年12月10日メディアエンタープライズ記事より引用

男性の定義

女性の定義

定義 議論や意見交換を通じて問題解決を試みる行為 目的やゴールを設けぬまま言葉のキャッチボールをし、共感しあう行為
目的 明確にする 曖昧でO.K
時間 なるべく短時間で終わらせる 時間制限せずに気のすむまで続ける
テーマ 事前に設けた議題をクリアする 議題やテーマは臨機応変に変化してかまわない
成果 成果を求める(新しい知識・両者間の合意・情報習得など) 共感しあう、互いの理解を深める